わたしはわたしを関係ないわ

更新日:2021年5月7日


この前、中森明菜の「少女A」を聴いていたら、とんでもない歌詞があって、茫然自失となった。 わたしはわたしを関係ないわ 「私は私を関係ない」とは一体どういうことだろう? 文法的な問題云々ではなく、これは哲学的なことを言っているのだと直感した。 単なる自暴自棄と解釈してはまずい気がしたのだ。 作詞をした売野雅勇の事務所に問い合わせてみようかとも思ったが、何しろあの中森明菜が何の迷いもなく歌っているので、この歌詞の意味を導き出すのは聴き手の課題だ。 レコードも広く流通し、人口に膾炙した作品なので歌詞の誤植ということはあるまい。 いろいろ考えた末、この歌詞は少女Aの「復体」のことを言っているのではないか、との仮説を立てた。 復体とはドイツ語ではドッペルゲンガー、医学用語では自己像幻視と云い、もうひとりの自分を感知してしまう現象のことだ。 恐らく、モーパッサンの『オルラ』で起こったことが少女Aの中でも起こっている。 すなわち「私は私を関係ない」の前にある歌詞に登場する、 上目遣いで盗んでみている蒼い視線を送っているあなた 女の子のこと知らなすぎるのあなた は他人ではなく少女A本人である。 しかもこのドッペルゲンガーはヘッセの『荒野のおおかみ』に登場したヘルミーネのように異性である可能性が高い。 さらに注目すべきは『オルラ』や『荒野のおおかみ』の主人公とは異なり、少女Aは「いろんなあなた」を自分のドッペルゲンガーであると客観的に認識している点だ。 だから「わたしはわたしを関係ないわ」なのではないだろうか。 つまり、『少女A』とは異性のドッペルゲンガーが周囲にいて、それを「もうひとりの自己」と認識しながら拒絶している心象を描いている。 さらにそれを「特別じゃなくどこにもいる少女A」としているのは、この現象の普遍性を謳っているのではなく、きっと少女Aの「あきらめ」だろう。 歌詞の深さにため息にを付きながら、これは歌詞全体を読み返し、さらに見識を深めなくてはならないと思い、TSUTAYAに寄ってベスト盤を借り、該当の部分を聴きながら歌詞カードを追ってみた。 そのとき… 「ユリイカ!」 と僕は思わずと叫んだ。 ユリイカとはギリシャ語で「わかった」という意味だ。 なんと中森明菜が歌っていたのは、 「わたしはわたしを関係ないわ」 ではなく 「わたしはわたしよ 関係ないわ」 だったのである。 僕は「よ」と「を」を聞き違えていたのだ。 歌詞の問題ではなく、自分の耳の問題だった。 ドッペルゲンガーではなく、 僕のアタマノゲンガーゆるんでいたのが真相のようだ。

最新記事

すべて表示

「被害者となるべきか…加害者となるべきか。それが問題だ」 あまり良いセリフじゃないので、ハムレットの三幕一場で独白される可能性は極めて低い。それでも最近この文句を発することが増えた。モノローグされるのはグローブ座の舞台ではなく、都道○号線とかの路上である。 いったい何のことを言ってる? チャリンコ移動のとき、車道を走って轢かれるか、歩道を走って誰かを轢くか、という日常に潜む「進むも地獄、退くも地獄

やはり、継続は難しい。 いままで様々なことに挑戦してきたが、その殆どが半年も続いたためしがなく、挫折してきた。 そこで数あるなかで最も継続しやすいと思われた「Blogを一切更新しないこと」を、今年の5月から継続してきたが、やはり半年持たなかった。 実は以前も更新するのをやめたことがあるが、そのときはこんな話を書いた記憶がある。 以前、蟹江敬三さんが映画の主演を務めたことがあり、その話題を取り上げた

最近、自転車で移動していると、どういう訳か車道にバナナの皮が落ちていることが多々ある。 三日前に確認しただけでも、明治通りと駒沢通り、旧山手通りにて路側帯でバナナの皮を見た。冷静に考えるとこれはなかなかの異常事態だと思う。 バナナの皮は見るが、バナナを食べてながら歩いている人は見かけない。 ただ、車から投げ捨てているとしたら話は別だ。 単純に「ゴミ箱にダンク」的な行為なのか、はたまたマリオカートに

​BLOG