ゲロードの思い出

更新日:2021年5月7日


昔住んでいた家の近くにゲロードがあった。 ゲロード、といってもただの道だ。 ただ、大なり小なり酒を飲んだ後にその道を歩くとどういう訳だかゲロを吐いてしまう。 ゲロを吐いてしまうからゲロード。 イギリスのセビロードみたいなものだ。 なぜその道がゲロードになったのか? 昔、大酒を飲んでその道を豪快に汚した経験が関係しているのだろう。以来そこを通るとパブロフの犬のように身体が勝手に反応するようになってしまった。 酒をたらふく飲んでもゲロードを迂回すれば何事も起こらないのに、あそこを通ればビール一杯でもゲロを吐いてしまうのは、さすがゲロードの面目躍如といったところだろう。 幸いなことに現在の住まいの近くにはゲロードはない。 それが寂しくもあり、たまには旧宅の近くをうろつき、ゲロを吐くようにしている。 同じ時代の男たちは皆「社会の閉塞」と闘っているが、僕はつねにゲロの逆流による「気道の閉塞」と闘っているのだ。 ビルの狭間、エントランス右の植え込み、路地裏の猫道。 あなたもぜひ、家の近くに自分だけのゲロードを作ってみてはいかがだろうか? それはきっと、人生を豊かにすることに違いない。

最新記事

すべて表示

「被害者となるべきか…加害者となるべきか。それが問題だ」 あまり良いセリフじゃないので、ハムレットの三幕一場で独白される可能性は極めて低い。それでも最近この文句を発することが増えた。モノローグされるのはグローブ座の舞台ではなく、都道○号線とかの路上である。 いったい何のことを言ってる? チャリンコ移動のとき、車道を走って轢かれるか、歩道を走って誰かを轢くか、という日常に潜む「進むも地獄、退くも地獄

やはり、継続は難しい。 いままで様々なことに挑戦してきたが、その殆どが半年も続いたためしがなく、挫折してきた。 そこで数あるなかで最も継続しやすいと思われた「Blogを一切更新しないこと」を、今年の5月から継続してきたが、やはり半年持たなかった。 実は以前も更新するのをやめたことがあるが、そのときはこんな話を書いた記憶がある。 以前、蟹江敬三さんが映画の主演を務めたことがあり、その話題を取り上げた

最近、自転車で移動していると、どういう訳か車道にバナナの皮が落ちていることが多々ある。 三日前に確認しただけでも、明治通りと駒沢通り、旧山手通りにて路側帯でバナナの皮を見た。冷静に考えるとこれはなかなかの異常事態だと思う。 バナナの皮は見るが、バナナを食べてながら歩いている人は見かけない。 ただ、車から投げ捨てているとしたら話は別だ。 単純に「ゴミ箱にダンク」的な行為なのか、はたまたマリオカートに

​BLOG