バイリンガルに憧れる

更新日:5月7日


外国語に弱い。


観光客に英語で道などを聞かれると、たちどころに顔面蒼白になり、足はガタガタ震え、呼吸が乱れる。


最近では外国語どころか日本語も怪しくなっている。

いま書いているのも、日本語かどうかよくわからない。



こんな人間でも昔は英語が好きだった。

二人称を「ユー」と発音する国に憧れ、そんな言葉を使ってみたいと思ったものだった。



なぜなら、僕は早見優のファンだったからだ。



だが、中学2年のときに突然、英語が嫌いになってしまった。


文法の概念が複雑になるにつれ、英語を勉強するより、早見優のファンをやめることのほうが楽だったからだ。



それ以来、英語と無縁の生活を送ってきた。


街に出でもまず横文字の看板が読めない。


2週間前まで「GAP」をジーエーピーと発音していたし、いまでもビックカメラなのかビッグカメラなのかわからない。



ロンドンに行った日本人がウエストケンジントンの発音が難しいと聞いたので「上杉謙信」と憶えてブラックキャブに乗ったところ、「武田信玄」と言ってしまった、という笑い話があるが、僕の場合は「武田鉄矢」と言いかねない。

英語どころか歴史も苦手だからである。


そんな人間が「トビー上原」なんて名乗っているから誠に敷居の高い話で、「GoldenBall」が縮こまる日々である。

最新記事

すべて表示

車道に落ちているバナナの皮

最近、自転車で移動していると、どういう訳か車道にバナナの皮が落ちていることが多々ある。 三日前に確認しただけでも、明治通りと駒沢通り、旧山手通りにて路側帯でバナナの皮を見た。冷静に考えるとこれはなかなかの異常事態だと思う。 バナナの皮は見るが、バナナを食べてながら歩いている人は見かけない。 ただ、車から投げ捨てているとしたら話は別だ。 単純に「ゴミ箱にダンク」的な行為なのか、はたまたマリオカートに

下北沢に住むことの意味

6年住んだ麻布十番から、去年の秋に下北沢へ引っ越した。 なぜ下北沢かといえば、TBSとNHKで帯のレギュラーを持っていた為で、最寄駅の赤坂と代々木公園にそれぞれ乗り換えなしでアクセスできる立地だからだ。 しかし、引っ越した直後にNHKの番組が終わり、今年に入るとTBSまでお払い箱となる憂き目に遭ったかと思えば、今度はテレ朝と毎日放送でレギュラー番組がはじまるという幸運に恵まれ、結局、仕事場が赤坂と

5年前のBlog

最近、佃煮にするほど時間ができたので、スナック通いにかまけて放ったらかしてきた物事を一気に片付けてしまいたいと思い立った。 そのひとつにWEBサイトの作り直しというものがある。 少し前に一度着手しかけたこともあったが、そのときは高尾山の日帰り登山にかまけておざなりにしてしまった。 そうこうしているうちにコロナだ。 時間はあるが、スナックにも高尾山にも行けない。こうなればもはや心境は明鏡止水である。

​BLOG