純喫茶の条件

更新日:2021年5月18日


純喫茶。 入りたくて仕方がないのですが、最近はめっきり見かけなくなりました。 そもそも純喫茶の定義とはなにか? 【アルコールを提供しない喫茶店】ということらしいのですが、「じゃあスタバやドトールは純喫茶なのか」と言われれば、「それは違う」のです。 僕にとっての【純喫茶の条件】とは以下のものです。 (各10点。加点方式) 1.ドアを開けるとカランコロンと音がする

2.BGMにポール・モーリアの「恋は水色」がかかっている 3.客が少ない 4.マスターが変なエプロンをしている 5.カウンターの端に変な雑貨が置いてあり、邪魔である 6.新聞を読みながら寝ている老人がいる 7.テーブルに1回100円のルーレット式おみくじ器がある 8.ソファーに穴が開いている 9.コーヒーがそんなに美味くない 10.休日に草野球のユニフォームを着た客がいる

残念ながら、僕はいままでに100点の店に出逢ったことはありません。 もし見つけた人がいたらご一報ください。 祖品を差し上げます。

最新記事

すべて表示

「被害者となるべきか…加害者となるべきか。それが問題だ」 あまり良いセリフじゃないので、ハムレットの三幕一場で独白される可能性は極めて低い。それでも最近この文句を発することが増えた。モノローグされるのはグローブ座の舞台ではなく、都道○号線とかの路上である。 いったい何のことを言ってる? チャリンコ移動のとき、車道を走って轢かれるか、歩道を走って誰かを轢くか、という日常に潜む「進むも地獄、退くも地獄

やはり、継続は難しい。 いままで様々なことに挑戦してきたが、その殆どが半年も続いたためしがなく、挫折してきた。 そこで数あるなかで最も継続しやすいと思われた「Blogを一切更新しないこと」を、今年の5月から継続してきたが、やはり半年持たなかった。 実は以前も更新するのをやめたことがあるが、そのときはこんな話を書いた記憶がある。 以前、蟹江敬三さんが映画の主演を務めたことがあり、その話題を取り上げた

最近、自転車で移動していると、どういう訳か車道にバナナの皮が落ちていることが多々ある。 三日前に確認しただけでも、明治通りと駒沢通り、旧山手通りにて路側帯でバナナの皮を見た。冷静に考えるとこれはなかなかの異常事態だと思う。 バナナの皮は見るが、バナナを食べてながら歩いている人は見かけない。 ただ、車から投げ捨てているとしたら話は別だ。 単純に「ゴミ箱にダンク」的な行為なのか、はたまたマリオカートに

​BLOG