継続は力なり

更新日:2021年5月7日


よく通っていた鶯谷の飲み屋に「クニさん」と呼ばれている六十がらみの酔っ払いがいた。


あるとき、脇役が多かった俳優の蟹江敬三が初めて映画の主演を務める、というニュースが飲み屋のキドカラーに映し出された。


すると、赤ら顔のクニさんはいつにもなく神妙な顔をしてこんなことを呟いたものだった。 


「やっぱり継続は力なりだ。今度からアイツのことを蟹江ケイゾクと呼ぼう」



キドカラーといえば日立だが、難しいと言えば継続だ。


継続は力なり。


人生のあらゆる場面でこの言葉を投げかけられてきたが、何事も長く続けられてきた試しがない。

今度こそは続けようと決断し、今日までこのblogを更新しないことを継続してきたが、ついに心折れて更新してしまった。



継続の名人といえば思い出すのが、冒頭に話した鶯谷のクニさんだ。



クニさんの特技は「継続すること」である。


あの人は学校に行かないことを継続した結果、不良になってしまい、会社にいかないことを継続した結果、仕事がなくなってしまった。さらに家に帰らないことを継続した結果、ついに奥さんに逃げられてしまった。


何事も継続だ、と宣(のたま)うクニさんとたまにカウンターで一緒になれば、いつも「最近の若いやつは何をやっても長続きしない」と頭を殴られた。そして会計の段になると、「老人を敬え」と金を払わされた。



クニさん、あなたはまだ酒を飲むことを継続していますか?

いろんなことを継続できなかった僕も、なんとかいまの仕事だけは継続できていますよ。

最新記事

すべて表示

「被害者となるべきか…加害者となるべきか。それが問題だ」 あまり良いセリフじゃないので、ハムレットの三幕一場で独白される可能性は極めて低い。それでも最近この文句を発することが増えた。モノローグされるのはグローブ座の舞台ではなく、都道○号線とかの路上である。 いったい何のことを言ってる? チャリンコ移動のとき、車道を走って轢かれるか、歩道を走って誰かを轢くか、という日常に潜む「進むも地獄、退くも地獄

やはり、継続は難しい。 いままで様々なことに挑戦してきたが、その殆どが半年も続いたためしがなく、挫折してきた。 そこで数あるなかで最も継続しやすいと思われた「Blogを一切更新しないこと」を、今年の5月から継続してきたが、やはり半年持たなかった。 実は以前も更新するのをやめたことがあるが、そのときはこんな話を書いた記憶がある。 以前、蟹江敬三さんが映画の主演を務めたことがあり、その話題を取り上げた

最近、自転車で移動していると、どういう訳か車道にバナナの皮が落ちていることが多々ある。 三日前に確認しただけでも、明治通りと駒沢通り、旧山手通りにて路側帯でバナナの皮を見た。冷静に考えるとこれはなかなかの異常事態だと思う。 バナナの皮は見るが、バナナを食べてながら歩いている人は見かけない。 ただ、車から投げ捨てているとしたら話は別だ。 単純に「ゴミ箱にダンク」的な行為なのか、はたまたマリオカートに

​BLOG