車道に落ちているバナナの皮

最近、自転車で移動していると、どういう訳か車道にバナナの皮が落ちていることが多々ある。

三日前に確認しただけでも、明治通りと駒沢通り、旧山手通りにて路側帯でバナナの皮を見た。冷静に考えるとこれはなかなかの異常事態だと思う。

バナナの皮は見るが、バナナを食べてながら歩いている人は見かけない。

ただ、車から投げ捨てているとしたら話は別だ。

単純に「ゴミ箱にダンク」的な行為なのか、はたまたマリオカートに影響を受けて車をリアル「Slip on banana peel」させたいのか。

それどころか、その不届き者は自分のやっている行為が革命的だとすら思っている可能性がある。

だが、ロマン・ロランはこんな言葉を書き残している。

「いま最も革命的な人々も、知らぬうちに恐らく一番古い伝統の人間となる」(ジャン・クリストフ)

車からバナナを投げ捨てているあなたへ。

僕はあなたを知らない。

ただ、あなたがイノベーターだと思っている行為は、もはやラガードだとロマン・ロランが『ジャン・クリストフ』に書いているので、今すぐやめよう。


しかしである。

バスター・キートンではあるまいし、バナナの皮を踏んで事故を起こすなんてことは実際あり得るのだろうか。

実際に自転車で踏んでみた。

どうなったのか。

滑りはしなかったが、直後にペダルが急に重くなり、というか完全に固まり、歩道側の植え込みに突っ込んだ(本当)。

ニュートン力学的にどういう作用が働きこうなったのか不明だが、とにかく皮がチェーンに巻き込まれたのだ。

やはりバナナの皮を自転車で絶対に踏まないほうがいい。

本当に死ぬ所だった。

「復活の前に、死がある」(ジャン・クリストフ)



最新記事

すべて表示

下北沢に住むことの意味

6年住んだ麻布十番から、去年の秋に下北沢へ引っ越した。 なぜ下北沢かといえば、TBSとNHKで帯のレギュラーを持っていた為で、最寄駅の赤坂と代々木公園にそれぞれ乗り換えなしでアクセスできる立地だからだ。 しかし、引っ越した直後にNHKの番組が終わり、今年に入るとTBSまでお払い箱となる憂き目に遭ったかと思えば、今度はテレ朝と毎日放送でレギュラー番組がはじまるという幸運に恵まれ、結局、仕事場が赤坂と

5年前のBlog

最近、佃煮にするほど時間ができたので、スナック通いにかまけて放ったらかしてきた物事を一気に片付けてしまいたいと思い立った。 そのひとつにWEBサイトの作り直しというものがある。 少し前に一度着手しかけたこともあったが、そのときは高尾山の日帰り登山にかまけておざなりにしてしまった。 そうこうしているうちにコロナだ。 時間はあるが、スナックにも高尾山にも行けない。こうなればもはや心境は明鏡止水である。

純喫茶の条件

純喫茶。 入りたくて仕方がないのですが、最近はめっきり見かけなくなりました。 そもそも純喫茶の定義とはなにか? 【アルコールを提供しない喫茶店】ということらしいのですが、「じゃあスタバやドトールは純喫茶なのか」と言われれば、「それは違う」のです。 僕にとっての【純喫茶の条件】とは以下のものです。 (各10点。加点方式) 1.ドアを開けるとカランコロンと音がする 2.BGMにポール・モーリア

​BLOG